JOBメディカル DI業界No.1
医療資格を活かした転職支援サービス
EPSグループの転職支援サイト

登録はこちら お問い合わせはこちら 企業のご担当者様

お役立ち用語集

ABC
(英: Activity Based costing)
活動基準原価計算。
活動ごとに詳細にコストを求め、総費用を活動に応じて配分するもの。
ADL
(英: Activity of Daily Living)
日常生活動作能力。
人間が毎日の生活を送るために必要な基本的動作のことであり、食事、睡眠、着脱衣、移動、洗面、入浴、排泄などを指す。
ADME
(英: Absorption Distribution Metabolism Excretion)
吸収、分布、代謝、排泄のこと。
ADR
(英: Adverse Drug Report)
医薬品有害事象報告のこと。
ADR
(英: Adverse Drug Reaction)
医薬品副作用のこと。
AE
(英: Adverse Event)
有害事象のこと。
AMA
(英: American Medical Association)
米国医師会の略称。
ANDA
(英: Abbreviated New Drug Application)
FDAに対してジェネリックの承認申請を行う場合の「簡略新薬承認申請」のこと。
BLA
(英: Biologic License Application)
FDAに対して行うバイオ医薬品の新薬申請のこと。
BMI
(英: Body Mass Index)
肥満の判定に用いられている指標。
体重(kg)/[身長(m)]2によって求められる。
CE
(英: Clinical Engineer)
臨床工学技士の略称。国家資格。
CRC
(英: Clinical Research Coordinator)
治験コーディネーターの略称。
CRA
(英: Clinical Research Associate)
臨床研究担当者、モニターと呼ばれている。
臨床試験が各医療機関において実施される場合に、依頼者が臨床試験が適正に行われているかどうかを監視、確認する。
CRM
(英: Customer Relationship Management)
顧客との関係を維持・向上させていく考え方や仕組みのこと。
CRO
(英: Contract Research Organaization)
医薬品開発業務受託機関のこと。
一般には、製薬企業などから委託を受けて、医薬品の開発に係る業務を行う組織のことを指す。
CS
(英: Customer Satisfaction)
顧客満足の略称。
CSO
(英: Contract Sales Organaization)
販売業務受託の略称。
派遣MRビジネスやレンタルMRビジネスとも呼ばれている。
CSR
(英: Corporate Social Responsibility)
企業の社会的責任
CT
(英: Computed Tomography)
コンピュータ断層投影法。
人体を横断する一平面に対して種々の角度からX線を当て、コンピュータを用いて再構成し、画像化するもの。
CTD
(英: Common Technical Document)
日米EU三極共通の医薬品承認申請様式。
CTI
(英: Computer Telephony Integration)
電話とコンピュータを連携させ、顧客から電話が入ると顧客データベースから電話主のデータが立ち上がるシステム。
DDS
(英: Drug Delivery System)
薬物送達システム。
薬物の活性を有効に利用するための方法で、製剤上の工夫によって薬物の吸収速度を調節したり、生体内で薬物が標的組織にだけ到達するようにしたもののこと。
DEM
(英: Drug-event Monitoring)
薬物イベントモニタリングのこと。
患者が医薬品を服用した際に発生したイベントを収集する。
DI業務
(英: Drug Information)
ドラッグ・インフォメーション(医薬品情報の収集・伝達)業務のこと。
医薬品の副作用や安全性、有効性について医師や薬剤師などの医療従事者に情報を提供することを意味する。
DSU
(英: Drug Safety Update)
日本製薬団体連合会が提供する「医薬品安全対策情報」のこと。
DTC
(英: Direct to Consumer)
米国で認められている「医療用医薬品の消費者に対する直接広告」のこと。
EBM
(英: Evidence Based Medicine)
根拠に基づく医療。
EBN
(英: Evidence Based Nursing)
根拠に基づく看護。
EMA/EMEA
(英: European Medicines Agency)
欧州医薬品庁。
EMR
(英: Electronic Medical Record)
電子カルテ。
FDA
(英: Food and Drug Administration)
アメリカの保健福祉省(HHS, Department of Health and Human Serices)に属する「食品医薬品局」の略称。
医薬品の審査承認行い、明らかになった副作用問題や製造問題を公表している。
健康食品の試験や承認審査も行っている。
GCP
(英: Good Clinical Practice)
医薬品の臨床試験の実施基準。
医薬品の製造(輸入)承認申請の際に提出する資料などの収集のために行われる臨床試験の実施に関する遵守事項が定められている。
GLP
(英: Good Laboratory Practice)
医薬品の安全性試験の実施に関する基準。
医薬品の有効性・安全性の評価のために、各種の実験動物を用いて試験する段階で、特に安全性についてのデータの信頼性を高める為に定められた基準。
GMP
(英: Good Manufacturing Practice)
医薬品の製造段階における品質確保を目的とした基準。
GP
(英: General Practitioner)
開業医のこと。
診療所という意味で使うことが多い。
GQP
(英: Good Quality Practice)
医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器(以下、医薬品等)の品質管理の基準。
製造販売業者が市場に対する最終責任を負う立場から品質保証を行なうため、原薬の製造から最終製品の市場への出荷までの全工程を把握し、適切な管理・監督を行なうための必要な遵守事項を定めた基準である。
GVP
(英: Good Vigilance Practice)
医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器(以下、医薬品等)の「製造販売後安全管理の基準」。
目的は医薬品等の製造販売する企業に、品質・有効性及び安全性などに関連する情報の収集、検討とその結果に基づく必要な措置の実施をGVPに適合した方法により行なわせることにある。
IC
(英: Informed Consent)
インフォームド・コンセント。
具体的な治療法について医師からくわしい説明を受け、相談しながら治療を受けること。
ICH
(英: International Conference on Harmonization of Technical Requirements for Registration of Pharmaceuticals for Human Use)
薬事規制のハーモナイゼーションに関する国際会議。
IF
(英: Interview Form)
医薬品インタビューフォームのこと。
IFPMA
(英: International Federation of Pharmaceutical Manufacturers and Associations)
国際製薬団体連合会。
JPMA
(英: Japan Pharmaceutical Manufacturers Association)
日本製薬工業協会の略称。
MEDIAS
厚生労働省保険局調査課で毎月まとめている「最近の医療費の動向」を指す。
医療費総額の伸びが制度別(被用者保険、国保、老人保健)、種類別(診療費、調剤、食事療養費、施設療養、訪問看護)に示されている。
MS
(英: Marketing Specialist)
医薬品卸売会社の営業担当者。
MR
(英: Medical Representative)
製薬企業の医薬品情報担当者。
医療用医薬品の製造または輸入販売を手がける企業に属し、医薬品の適正な使用と普及を目的として、医療従事者に医薬品の品質、有効性、安全性などに関する情報の提供・収集・伝達を行う者。
NDA
(英: New Drug Application)
FDAに対して行う新薬申請のこと。
ODP
(英: One Dose Package)
1回分服用量を1包づつに調剤すること。
OT
(英: Occupational Therapist)
作業療法士の略称。国家資格。
OTC
(英: Over The Counter Drug)
一般用医薬品、大衆薬のこと。
PhPMA
(英: The Pharmaceutical Research and Manufacturers of America)
米国製薬協の略称。
ファーマと発音される。
PMDA
(英: Pharmaceuticals and Medical Devices Agency)
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構。
PMS
(英: Post Marketing Surveillance)
市販後調査の略称。
医療用医薬品が上市された後に行われる監視調査のこと。
PT
(英: Physical Therapist)
理学療法士の略称。国家資格。
PTP
(英: Press Through Package)
PTP包装(錠剤、カプセル剤などの包装形態)。ブリスター包装。
PV
(英:Pharmacovigilance)
ファルマコヴィジランス。薬剤監視。
QA
(英: Quality Assurance)
品質保証のこと。
QC
(英: Quality Control)
①企業内における一人ひとりの意識を向上させ、日常業務の改革を図ること。
②品質管理のこと。
QOL
(英: Quality of Life)
生活の質。
人間が日常生活で必要とされている満足感、幸福感、安定感を規定している様々な要因の質のこと。

R&D
(英: Reseach and Development)
研究開発の略称。
RCT
(英: Randomized Controlled Trial)
無作為化比較試験。
SAE
(英: Serious Adverse Events)
重篤な有害事象。
SOP
(英: Standard Operating Procedure)
標準業務手順書。
SMO
(英: Site Management Organization)
治験施設支援機関。
ST
(英: Speech Therapist)
言語聴覚士の略称。
国家資格。
WHO
(英: World Health Organization)
世界保健機構の略称。
スイスのジュネーブに本部事務局がある。
アドヒアランス
「コンプライアンス」と同様、処方指示通りに服薬すること(服薬遵守)を意味するが、
「患者さんが積極的に治療方針の決定に参加し、服薬する」というように、より患者さんを主体に置いた考え方のこと。
イエロー・ペーパー
「ドクター・レター」ともいい、医薬品に関して重大な副作用の発生や安全性に関する事項に重要な変更があった場合、また、販売中止あるいは回収を行った場合などに、製薬企業が厚生労働省医薬食品局の指示を受けて、医療関係者へ緊急に配布する「緊急安全性情報」のこと。
医師主導治験
(かな:いししゅどうちけん)
医師が主導で実施する治験のことで、必要性が高くても採算が合わないなどの理由で、企業が行わない分野の新薬開発や、国内未承認の海外医薬品の治験を進めることを期待して、平成15年7月から実施されるようになった。
移植コーディネーター
(かな:いしょくこーでぃねーたー)
臓器提供者(ドナー)と移植を受ける患者(レシピエント)の橋渡しをする役目の人。
一次医療圏
(かな:いちじいりょうけん)
身近な医療を提供する家庭医機能を持つ医師の存在する範囲とされ、市町村を単位とする。
一般名処方
(かな:いっぱんめいしょほう)
医師が処方箋を発行する時、製品名ではなく一般名で処方すること。
薬剤師は、患者さんと相談の上、同成分の薬剤を選択し調剤できる。
一包化加算
(かな:いっぽうかかさん)
2種類以上の薬剤を調剤する時、処方医の同意のもと服用時点(朝・昼・夕など)ごとに
1つづつ包装した場合に査定できる調剤料の加算。
医薬品・医療機器等安全性情報
(かな:いやくひん・いりょうききとうあんぜんせいじょうほう)
厚生労働省で収集された副作用情報を基に、医薬食品局安全対策課が医薬品等のより安全な使用に役立ててもらうためにまとめた医療関係者向けの冊子。
医薬品・医療機器等安全性情報報告制度
(かな:いやくひん・いりょうききとうあんぜんせいじょうほうほうこくせいど)
全ての病院・診療所・薬局からの副作用・不具合症例等報告に加え、生物由来製品の製造業者等からの感染症定期報告も法制化された。医薬品、医用機器との因果関係が必ずしも明確でない事例も報告の対象となる。
医薬品再評価
(かな:いやくひんさいひょうか)
すでに承認・発売されている医薬品について医学・薬学などの進歩に対応して、その有効性及び安全性を再度確認すること。
医薬品適正使用
(かな:いやくひんてきせいしよう)
的確な診断に基づき,患者の症候にかなった最適の薬剤,剤形と適切な用法・用量が決定され、これに基づき調剤されること。ついで患者に薬剤についての説明が十分理解され、正確に使用された後、その効果や副作用が評価され,処方にフィードバックされるという一連のサイクルの実現のこと。
医薬品PLセンター
(かな:いやくひんぴーえるせんたー)
製造物責任(PL)法の施行を機に日本製薬団体連合会が設立した苦情相談窓口で、主に医薬品に関わる苦情相談及び解決にむけての調整・斡旋業務を行う。
医薬品副作用被害救済制度
(かな:いやくひんふくさようきゅうさいせいど)
医薬品の副作用により患者さんが入院や死亡した際、救済給付を行う制度のこと。
患家
(かな:かんか)
患者さんの家のこと。
キャリーオーバー患者
(かな:きゃりーおーばーかんじゃ)
子供のころから病気や障害を抱えながら成人になった患者さんのこと。
ケアミックス
1病院に一般病棟(急性期)と療養病棟(慢性期)を有していること。
経過措置品目
(かな:けいかそちひんもく)
名称変更や販売中止により薬価基準から削除される場合、医療機関の購入済み医薬品の在庫補償として経過措置期間を設け医療保険での使用が認められている医薬品。
コ・プロモーション
共同プロモーションのこと。
後期高齢者
(かな:こうきこうれいしゃ)
75歳以上の高齢者。なお、65歳~74歳を前期高齢者という。
公正競争規約
(かな:こうせいきょうそうきやく)
景品類の提供規制を定めたもの。景品類とは、物品や金銭、華美過大な接待、必要以上の試用医薬品(サンプル)のことで、製薬会社は基本的に、医薬品の取引を不当に誘引する手段として景品類を提供してはならないと定められている。
コンプライアンス
服薬遵守。処方指示通りに服薬すること。
自由診療
(かな:じゆうしんりょう)
健康保険が適用されない診療のことで、正常な出産、美容整形などがある。
スイッチOTC
医療用医薬品の主成分を用いて一般用医薬品にスイッチされた医薬品。
セカンド・オピニオン
診療について主治医以外の医師の意見を聞くこと。
ソーシャルワーカー
療養を続ける中で、患者さんや家族の方だけでは解決が難しい経済的・社会的問題に助言をする社会福祉の専門家のこと。
ターミナル・ケア
治癒の見込みのなくなった末期の患者さん(末期がん患者など)に対する包括的なケアを目指し、患者さんが可能な限り平穏かつ充実して過ごせるように支援すること。
長期収載品
(かな:ちょうきしゅうさいひん)
特許が切れた先発品で、後発品がある医薬品のこと。
転帰
(かな:てんき)
病気の治療の経過および結果(の見通し)のこと。
同種同効薬
(かな:どうしゅどうこうやく)
成分、効能・効果が同一または極めて類似した医薬品のことで、商品名、製薬会社が異なる医薬品。
特定機能病院
(かな:とくていきのうびょういん)
高度先端医療に対応できる病院として厚生労働大臣が承認した病院で、一部の大学病院のほか、国立がん研究センター中央病院・国立循環器病研究センターなど。一般の病院、診療所からの紹介による受診を原則としている。
特定疾患
(かな:とくていしっかん)
いわゆる難病のことで、厚生労働省が指定し、積極的に研究を推進していく疾患のこと。
パーキンソン病、モヤモヤ病、重症筋無力症、筋委縮性側索硬化症(ALS)などがあげられる。
ドナー
臓器移植に用いる臓器を提供する人のこと。
逆に臓器の移植を受ける人をレシピエントという。
トリアージ
多数の傷病者が発生した災害時などで、傷病の緊急度や重症度に応じ適切な治療や搬送を行うこと。
日本薬局方
(かな:にほんやっきょくほう)
薬事法第41条により、医薬品の性状及び品質の適正を図るため、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて定めた医薬品の規格基準書。
通則、生薬総則、製剤総則、一般試験法及び医薬品各条からなり、収載医薬品については医薬品が中心となっている。
バルク
医薬品の原料のこと。
最終製品で未包装のものは製剤バルクという。
パルス療法
薬を服用する期間と服用しない期間を周期的に繰り返す治療法で、薬の効果が体内で一定期間持続する場合などに適用される。
服用 期間が短くなり、副作用を抑えることができる。ステロイドや抗真菌剤などにある。
比較対照試験
(かな:ひかくたいしょうしけん)
医薬品の薬効、安全性を判定するため、被験薬と類似した既存薬あるいはプラセボを同じ方法で試験して得られた結果を比較検討刷ること。
ピカ新
(かな:ぴかしん)
医療上有用性が高くこれまでにないタイプの独創的新医薬品。薬価算定時、画期性加算される。
病診連携
(かな:びょうしんれんけい)
病院と診療所で患者さんの紹介などで連携しながら診療を行うことす。
他に、診診連携、病病連携がある。
プライマリ・ケア
初期診療のこと。
ブリッジング試験
(かな:ぶりっじんぐしけん)
外国臨床試験データを日本で受け入れるため実施される補完的な試験。
プロトコール
治験実施計画書。
プロモーションコード
医薬品の販売活動と情報提供活動において守るべき原則が規定されている行動綱領。
返戻
(かな:へんれい)
計算ミスや過剰診療などでレセプトが医療機関に戻されること。
メディカルドクター
製薬企業に所属して、臨床開発、治験データの分析と解析、当局との折衝、学術、安全情報等に関わる医師。
薬価改定
(かな:やっかかいてい)
国が厚生労働省の薬価調査に基づき、医薬品の公定価格を見直すこと。2年に1回行われる。
優先審査
(かな:ゆうせんしんさ)
緊急性が高く、他に代替できるものがない医薬品について、申請された医薬品の審査を優先的に行い、早く承認されるように計らうこと。
レセプト
病院や診療所が医療費の保険負担分の支払いを公的機関に請求するために発行する「診療報酬明細書」の通称。
ドイツ語で処方箋の意味。
ワクチン
細菌やウイルスの毒性を弱めたもの、もしくは毒性をなくしたものを接種することによって、その病気にかかった場合と同じように免疫をつけようとするもの。