JOBメディカル DI業界No.1
医療資格を活かした転職支援サービス
EPSグループの転職支援サイト

登録はこちら お問い合わせはこちら 企業のご担当者様

薬剤師の働き方特集

DI業務ってどんな仕事?

DIとは、「Drug Information」のこと。すなわち「医薬品情報」を指しています。

DI業務とは「適正な使用」に導く業務

単なる「化学物質」が医薬品であるためには、正しく使われる必要があり、逸脱した使用を行うと、化学物質は薬ではなく「毒」にもなり得てしまうのです。
この「適正な使用」が行われるよう導いてくれるのが、「DI」というわけです。DI業務とは、医薬品に関する情報を収集、整理、伝達するお仕事です。

製薬企業におけるDIとは

製薬企業におけるDI業務には、医薬品説明書にあたる「添付文書」や、添付文書の解説書とも言える「インタビューフォーム」等、DIを提供するための資料を作成する業務(医薬品情報の収集と整理)と、これらを使用して医療現場の医師や薬剤師、看護師等に、状況に即した必要な情報を提供する業務(伝達)があります。
薬には「治療薬」の側面と「毒」の側面がありますので、薬の情報を扱う時には、有効性だけでなく、常に安全性に関する情報(副作用情報等)を意識する必要があります。

そもそもくすり相談室って?

医療現場で、ある薬について確認したい事があったとき、疑問に思ったとき、困ったとき等に、その薬を販売している会社に気軽に連絡が取れたら、どんなに安心でしょうかその窓口こそが「くすり相談室」です。

くすり相談室は現場と企業をつなぐ貴重な部署

くすり相談室は企業側にとっても、医療現場の生の声が聞くことができる貴重な部署となってます。「パッケージの使い勝手が悪い」との訴えからパッケージデザインの改良を行ったり、現場の声が新しい製品の開発にあたっての貴重な意見になったり、1本のお電話のお陰で健康被害が広がるのを未然に防げる事もあるのです。
くすり相談室に携わるスタッフには、提供するお薬の情報はもちろん、医療現場からの声も公平な立場で捉える姿勢が求められます。患者さんの状態によっては、自社の製品の使用をおすすめしないこともあります。また、いただいた貴重な現場のご意見を社内の適切な部署に伝達し対応を求めたりもします。

よくある問合せについて

お問い合わせには、大きく分けて医師、薬剤師等の医療従事者からと、患者さん等の一般の方からのものがあります。

医療従事者(主に薬剤師)からの問合せ

調剤にあたっての確認

調剤にあたっての確認

患者さんの事情に合わせた相談

患者さんの事情に合わせた相談

窓口担当者には学術知識だけじゃなく、現場の緊急度合いやご要望を読み取り、それに即した応対が求められます。

一般の方からの問合せ

これから服用するにあたっての確認

調剤にあたっての確認

その他、薬に関する相談

患者さんの事情に合わせた相談

一般の方には、情報を噛み砕いて、分かりやすい言葉で回答するよう工夫します。

メディカルコミュニケーターの一日

メディカルコミュニケーターの一日 DI業務のお仕事